+著書について
誤植がある本があります。
大変申し訳ありません。
お買い上げいただいた方は、お手数をおかけしますが、お持ちの本を訂正してお使いいただくようお願いします。
★生物機Ν兇療誠瑤面白いほどとれる本(初版)→PDFファイル
★生物機Ν[考察問題]の点数が面白いほどとれる本+【旧】一問一答まる覚え(初版)→PDFファイル
★【旧】一問一答まる覚え+生物機Ν兇療誠瑤面白いほどとれる本(2版以降)→サポートページ

最新 一問一答 まる覚え生物 (合格文庫)


最新 一問一答 まる覚え生物 (合格文庫)


センター試験生物I〈考察問題・遺伝〉の点数が面白いほどとれる本―パワーUP版


大学入試 生物I・IIの点数が面白いほどとれる問題演習


大学入試生物 I・II 「考察問題」の点数が面白いほどとれる問題
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< りにゅーある | main | エコな人びと >>
花粉管・名古屋

先日のサイエンス映像学会では受付のお手伝いをしました(*^ー゜)ノ
受付に置いてある、科学新聞を見たら、気になるキーワードが…。

花粉管?


名古屋???


(οдΟ;)



もしや…、

これは…、

記事を読むと、予想通り!!!
名古屋大学の東山教授の論文が『nature』に掲載され、写真が表紙になったとの記事でした(*≧▽≦)ノ
東山教授は私が大学の研究室で大変お世話になった先輩の旦那様なので、キーワードでピーンときたんです。
前からすごい方だと思っていましたが、こんなにもすごい方とは(#≧∀≦#)

『nature』と聞いても、理系の大学生以上でないとそのすごさはわからないですよね(^_^;)
研究成果の論文が学術誌に掲載される=世の中に認められる、という仕組みなのですが、雑誌にはランキングがあります。
『nature』は『Sience』と並んで世界でトップの雑誌なので、この雑誌に論文が載れば超一流の科学者という訳です(v^_゜)

ということで、昨日はもらってきた新聞を渡す為に研究室仲間のS美ちゃんと会ったのでした。
会うきっかけになってよかったわ♪

そんなこんなでもらってきた科学新聞ですが…、


(*≧▽≦)ノ


結構いいかも(*^o^*)

週一回発行で、1ヶ月2,000円。
一部、500円は高いと思いましたが、科学記事だけを効率的に読めるのでその価値はありそうです。
| - | comments(0) | - |









+QRコード


+合格クラブ


+NEW ENTRY

+CATEGORIES

+ARCHIVES

<%prevEntry%>