+著書について
誤植がある本があります。
大変申し訳ありません。
お買い上げいただいた方は、お手数をおかけしますが、お持ちの本を訂正してお使いいただくようお願いします。
★生物機Ν兇療誠瑤面白いほどとれる本(初版)→PDFファイル
★生物機Ν[考察問題]の点数が面白いほどとれる本+【旧】一問一答まる覚え(初版)→PDFファイル
★【旧】一問一答まる覚え+生物機Ν兇療誠瑤面白いほどとれる本(2版以降)→サポートページ

最新 一問一答 まる覚え生物 (合格文庫)


最新 一問一答 まる覚え生物 (合格文庫)


センター試験生物I〈考察問題・遺伝〉の点数が面白いほどとれる本―パワーUP版


大学入試 生物I・IIの点数が面白いほどとれる問題演習


大学入試生物 I・II 「考察問題」の点数が面白いほどとれる問題
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
サイエンスカフェ
 私の嫌いな食べ物は魚です(--;)
全く食べない訳ではないけれど、ほとんど食べていません(--;)
これは、かなりマズイらしいです(^^;)
心疾患やガンになりやすいそうです・・・。

サイエンスカフェで、そのようなお話を聞いてきました(o^o^o)
サイエンスカフェというのは、科学者と一般の参加者が気軽にお話しましょう♪という会です。
大学の教室など堅苦しい場所ではなくて、街中のカフェで行われます。
今回は、神保町にあるサロン・ド・FUZAMBO Folioで行われました。

 今日のお題は『油脂と健康』
お話されたのは、大学の頃にお世話になった小林哲幸先生。
難しい研究の話ではなくて、生物が分からない人にも分かりやすい説明で、楽しめる内容でした(o^o^o)
『あるある大辞典』や『おもいっきりテレビ』など情報系のテレビ番組のライブバージョンといったところでしょうか・・・。
テレビ番組だと、情報を受身で流し込むことしか出来ませんが、
疑問に思ったことを直接専門家に質問できるのがサイエンスカフェのいいところです(^^)Y
 
お話の内容を全部は紹介できませんが、簡略して紹介しますね。

脂肪酸は大きく分けて3つのグループに分かれます。
●n-3系統(ベニバナ油、コーン油に多く含まれる)
リノール酸・アラキドン酸
体内でリノール酸→アラキドン酸に作り変えられます。
●n-6系統(魚介類に多く含まれる)
α-リノレン酸・EPA・DHA
体内でα-リノレン酸→EPA→DHAに作り変えられます。
●n-9系統(動物油脂、オリーブオイルに多く含まれる)
オレイン酸

リノール酸とα-リノレン酸は体内で合成できないので、必ず摂取しなくてはいけないんだけど、摂取したリノール酸とα-リノレン酸の割合=n-3系統とn-6系統の割合が偏ると大変なことになるそうです。
n-3系統は摂取しやすいから普通に生活していて不足することはほとんどないけど、n-6系統は気を配って摂取しないと、不足しやすいんだって(>_<)
n-6系統が不足すると、心疾患や炎症や癌が起こりやすくなるそうです(--;)

つまり、n-6系統を摂取するには、魚を食べればいい訳で・・・。
沢山魚を食べればいい訳で(^^;)
魚を食べれば、心疾患や炎症や癌が抑制される訳で(^^;)
ということで、みなさま!私のように好き嫌いせず、バランスのよい食事を心がけて下さい♪
やはり、日本食がいいそうですよ♪

面白い話を聞く事ができるだけで楽しいのですが、
もうひとつのお楽しみは、話の終盤にテーマに沿ったフードが出てくること!!!
今回は『おでん』でした(o^-^o)


『つくね=n-9系統』『はんぺん=n-6系統』『がんも=n-3系統』
3種類の脂肪酸が全て揃うようにしたんだって(o^o^o)
めちゃめちゃ凝ってますね。
ちなみにはんぺんは黒はんぺんです。
黒はんぺんは静岡の名物で鰯などが材料なので、普通の白はんぺんよりも魚!!!って感じの味です。
いつもの私なら、敬遠していたであろう黒はんぺんですが、そこは先生のお話の後ですからね・・・、もちろん全て食べました(^^;)

次回のサイエンスカフェは1月26日(金)、
内容は『サンゴは謎のかたまり!』です。
ダイビングをされる方には特に興味を持たれる内容なんじゃないかと思います。
興味のある方は気軽に聴きにいってみて下さい(o^o^o)
どなたでも参加できます!
詳細はこちらのホームページでどうぞ
 ↓
サロン・ド・富山房

う〜〜〜ん。
サンゴに関するフードって一体何が出てくるんだろう???
| レポート | - | trackbacks(0) |
UV注意報
こんにちは(o^o^o)
もう9月ですが、太陽ギンギン!
暑いですね(o^o^o)
紫外線の実験日和ですね(o^o^o)

ということで、今日は紫外線を測定する『uvチェッカー』についてレポートしま〜す(^^)v

見た目はいたって普通のビーズ。
室内では白い色をしてます。
5個あるビーズに色の違いはありません。
このビーズを持って外に出てみました。
すると…。
この天気ですからね。
3秒もしないうちにみるみる色が変わりました。
やはり、今日は紫外線量が多いようです(´_`)
色が変わったビーズ

次に電車に乗ってみました。
電車の中も日が差し込んでいるのですが…。
ほとんど色が変わりません。
うっすら、色がついているかな〜くらいです。
電車の中は安全なようです(^^)Y
色があまり変わってないビーズ

最後に…。
日焼け防止手袋は効果があるのか実験してみました(o^o^o)
日差しが強い野外で、ビーズを手袋の中に入れてしばらくおいてみると…。
う〜ん。
直接日光に当てたときの半分くらいの色の濃さかな〜(´_`)
やらないよりはマシだろうけど、
手袋を過信しすぎてはいけないようです(´_`)

紫外線はお肌の大敵です。
シミ・ソバカスだけでなく、シワの原因にもなるんです。
紫外線対策はしっかり行ってくださいね(o^o^o)
| レポート | - | trackbacks(0) |
ホネーチョ
御徒町の理科の教材が売っているお店に行ってきました(^_^)v
お店の前で、店長が出迎えてくれています。
ちょっと店長にお話をお伺いしたいと思います。
私『こんにちは!』
店長『・・・・・・。』
返事がありません。ただの屍のようです(笑)。
すみません(^^;)
ドラクエやっていないヒトには分からない話をしてしまいました(^^;)
店長さんのホネーチョさんは骨の模型です(笑)

店内には試験管やビーカなどの実験器具の他に実験キットや科学玩具が並んでいます。
私が気になりましたのは、NASA開発のアリの飼育キッド。
透明の容器にキレイな青色のジェルが入っています。
このジェルが砂の代わりであり、食べ物でもあるので、世話をする必要がなく、簡単にアリを飼うことができます。
ただし、アリは売っていません!
自分で捕獲してください!

それから、酸っぱいものが甘く感じる奇跡のフルーツ『ミラクルフルーツ』
フリーズドライの状態で売っています。
このミラクルフルーツを食べたあとで、レモンを食べると甘く感じるそうです。
是非、一度やってみたいです。

その他にも、面白そうなものが沢山あります。
専門的なものではなくて、子供が手軽に使えるものばかりです。
自由研究が終わってないヒト、是非足を運んでみてください!
ていうか、今日で小中高の夏休み終わりですね(^^;)
続きを読む >>
| レポート | - | trackbacks(0) |
深海の生物
 今日は、千葉県立中央博物館で行われている特別展『驚異の深海生物』をご紹介しま〜す(o^o^o)
夏休みということで、博物館の中は親子連れの姿が目立っています。

 それでは、深海の生物が展示してある特別展示室に行ってみましょう。
まず、入り口で出迎えてくれるのは、深海生物のフィギア。深海生物というと、グロテスクな外観を想像しませんか?
えぇ、確かにグロテスクなものが多いです。でもこのフィギアは、これから人形劇でも始まるのかというような可愛いさです。
展示室は壁に沿って、コの字型壁にガラスケースが並んでいます。その中に海綿動物から脊椎動物まで、さまざまな種類の生き物が展示されています。
この中からいくつか生き物を紹介していきま〜す(^^)Y

 みなさんは深海というと、どのようなイメージを抱きますか?
深海は、暗〜くて、寒〜くて、エサの少ない場所です。なので、一度掴んだエサは離さない。そんな工夫を持った魚が多くいます。まずは、怖〜い顔をした魚『ホウライエソ』。普段私達が見かける魚とちょっと違った顔つきです。特に、口が目立ちます。細長い、牙のような歯が間隔をあけて並んでいます。口を閉じた状態はまさに鉄格子!魚を飲み込んだとき、この歯が鉄格子の役目となり、一度飲み込んだ魚が外に出ることがないのです!

 なかなか出会うことができないのはエサだけではないんですよ・・・。
次に紹介しますのは『ミツクリエナガチョウチンアンコウ』という魚。チョウチンアンコウの仲間で頭にチョウチンをぶら下げています。体をみるとイボのようにゴツゴツしたようなモノ4つついてます。な〜んとこのゴツゴツは雄です!!!深海は雄と雌が出会う機会も少ないですからね(^^;)。雄は雌と出会うと雌の体に食らいつきます。雄は雌から栄養をもらうようになり、消化器官は退化してしまいます。まさにヒモ状態!このように、出会いが少ない深海では出会った女(男)は離さない!それが、種の存続には不可欠なようです。しかし、この雌、4匹も雄をくっつけちゃって…。逆ハーレム状態ですね。

 この企画展は9月3日まで開催されています。本物の深海魚はなかなか見ることが出来ないですからね。是非、足を伸ばしてみて下さい。
以上、千葉県立博物館からのリポートでした。
 
続きを読む >>
| レポート | - | trackbacks(0) |
1/1PAGES | |
+QRコード


+合格クラブ


+NEW ENTRY

+CATEGORIES

+ARCHIVES

<%prevEntry%>